コロナウィルスの予防に消毒が効果あり?自分でできる対策を!

ニュース

日々変わりつつあるコロナウィルスの情報に不安になってしまいますよね。

インフルエンザも流行る季節だからこそ、日々の予防対策が重要かなと思います。

そこで今回は予防に焦点を調べて探してみました。

あやめ
あやめ

私なりに情報をまとめてみました!!

コロナウイルスの予防に消毒は効果あるのか?

コロナウィルスの対策に消毒を行う場合、

皮膚に対しては人体に使用できる消毒用のアルコールを使ってください。

物の表面に対しては、次亜鉛酸ナトリウムを製品に表示されているとおり

希釈したものを使うようにしてください。

使用する際は、消毒液を十分に含ませたペーパータオルなどで

拭き取るようにして消毒を行いましょう。

消毒のやり方のイメージは、病院などで注射をするときを思い出してください。

注射をする前に、お医者さんや看護師さんが脱脂綿などに消毒液を含ませて、

拭くように皮膚を消毒している姿が思い浮かびませんか?

この拭いて消毒することが重要です。

例えば、霧吹きなどで吹きかけるように消毒する方法も見たことがあるかも知れません。

しかし、吹きかけて消毒するやり方は、完全に消毒することができなかったり、

ウイルスが舞い上がってしまい吸い込んでしまう可能性をあげてしまいます。

このようなリスクを避けるためにも消毒液を吹きかけるのではなく、

拭くように消毒をしましょう!

自分でできる予防対策はある?

まずは、石鹸を使った手洗いやうがいを行いましょう。

手洗いも泡をしっかり落とすことや手洗いの頻度を上げてこまめに行うことが効果的です。

また、口や鼻、目など顔のパーツに触る前には手洗いを必ず行ってください。

特に目はコンタクトをしている人は触る機会が多いと思います。

驚きの事実ですが、目からもウィルスや病原菌が侵入する場合があります。

実際に感染症の研究者もコンタクトの人は少なくメガネの方が多いらしいです。

コロナウイルスが流行っている今だけに限らず、

顔のパーツに触る前には手を洗うことを習慣にするのがおすすめです!

外出する際はマスクをしていきましょう。

今の冬の季節はインフルエンザもはやっている時期です。

特に人混みに行く際はマスクをすることがおすすめです。

コロナウイルスに限らず、様々な病気に飛沫感染するリスクを少しでも下げていきましょう!

連日の報道でマスクが売り切れているお店も増えています。

もしマスクの備蓄が少ない方はお店で見つけたときに買いだめしておきましょう!

あやめ
あやめ

日頃からの予防対策が効果的!!

もしコロナウイルスの症状かなと思ったときは?

中国の武漢市に滞在歴のある方や新型コロナウイルス関連の肺炎と接触した人、

中国の武漢市に滞在したことがある人に会ったことがある方は、

事前に医療機関で連絡して症状を伝えてから医療機関に受診するようにしてください。

その際は、必ずマスクを着用して医療機関に受診するようにしましょう。

他の方へうつしてしまうリスクを減らしましょう!

中国の武漢市に行ったことがなくても新型コロナウィルスで言われている症状が出ていて

不安な方は、最寄りの保健所に相談して冷静に判断することが大事です。

また東京都限定になってしまいますが、東京消防庁救急相談センターに相談するのもおすすめです。

この東京消防庁救急相談センターには24時間、365日の態勢で東京消防庁の職員、

救急相談通信員、救急相談看護師、救急相談医に相談することが可能です。

迷ったら相談することがおすすめです。

電話番号は以下にになります。

・短縮ダイヤル#7119(携帯電話、PHS、プッシュ回線)
・その他の電話からは
〔23区〕 03(3212)2323 〔多摩地区〕042(521)2323

焦ってパニックになる前に冷静に情報を集めて行動していきましょう!

コロナウィルスの予防に消毒が効果あり?【まとめ】

コロナウィルスの予防には消毒が効果ありです!

今回の情報は東京都感染症情報センターを中心に集めてきました。

連日コロナウィルスの報道で怖いなという思いが募ってきますが、

しっかり正しい情報を集めることが予防や安心につながると思います!

パニックにならず、予防対策をしっかりして冷静に1日1日を過ごしていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました